進化したビタミンC誘導体APPS!浸透力がまるで違う夢の美肌成分とは?

ビタミンC誘導体の中でも、特に進化した成分がAPPSです。ビタミンC誘導体は美白効果が高く、シミ対策や毛穴ケアにも使われる注目成分です。今回はその中でも特に浸透力が高く、進化した最新型のAPPSと呼ばれる成分についてご紹介します。

ビタミンC誘導体のAPPSとは?

ビタミンCを肌の奥深くまで浸透させる働きがあるビタミンC誘導体。その中でも、特に浸透率が高いのがAPPSです。ビタミンCの効果を効率よく肌に届けることができ、刺激が少ないのもメリット。APPSの優れた効果の秘密や種類、APPSを配合した化粧品について見ていきましょう。

そもそもビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体は、簡単に言えばビタミンCをお肌に浸透しやすくした成分です。ビタミンCはサプリメントや薬にも使われていることからわかるように、活性酸素を取り除きメラニン色素や色素沈着を抑制してくれる美肌成分です。しかし、酸化しやすく肌に吸収されにくいのが難点でした。

ビタミンCの吸収を高めた

そこで安定性を高め、吸収浸透率をよくしたのがビタミンC誘導体です。肌に吸収されると酵素反応によってビタミンCへと変わり、肌の上で長時間活性化が続くのが特徴です。

多くの美肌効果

保湿効果

ビタミンCに直接肌の保水力を高める力はありません。しかし高い抗酸化作用を持ち活性酸素の生成を抑えることで保湿力を高めるのに効果的です。また、ターンオーバーを促す作用によって肌の状態が整いうるおいを保つことができます。

 

美白・シミの抑制効果

ビタミンCには抗酸化作用があり、過剰なメラニン色素が作られるのを防ぎシミを抑制してくれます。また、メラニン色素の還元作用でできてしまったシミも薄くする高い美白効果があります。

 

コラーゲンの生成

コラーゲンはもともと私たちの肌の上にあるたんぱく質の一種で、細胞同士をつないで水分を保つ役割をしています。加齢やストレスでコラーゲンが減少すると、ハリやツヤが失われ肌荒れの原因に。ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれます。

 

肌のターンオーバーを促す

ビタミンC誘導体が肌の奥に浸透しビタミンCに変わると、ビタミンEの働きが活性化されてターンオーバーを促します。ターンオーバーが正常化することで保湿効果や抗酸化作用が得られます。

 

APPSとはどういうもの?

ビタミンC誘導体の中でも、特に効果が高いのがAPPSです。

進化型のビタミンC誘導体

APPSは従来のビタミンC誘導体の進化型だと言われています。その理由は高い浸透力。従来のものと比べると数倍から数百倍とも言われ、ビタミンCの保水力の低さを克服した画期的な成分なのです。

真皮層まで届く

肌は表面を角質が覆っている表皮層、その下にある真皮層があります。大抵の化粧品は肌表面にしか成分が浸透せず、その効果は一時的です。しかし、APPSは肌の真皮層にまで浸透するため、直接作用して高い効果が得られるのです。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体は大きく分けて3種類あります。

水溶性

  • リン酸アスコルビルナトリウム
  • リン酸アスコルビルマグネシウム など

 

吸収率が高く即効性があり、ビタミンC本来の効果が得やすいタイプです。皮脂の分泌を抑えるためオイリー肌に向き、その分乾燥しやすいため乾燥肌には向きません。化粧水やローションに主に配合される成分です。

油溶性

  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル など

 

ビタミンCと油分を結合させて油溶性にしたもので、即効性はないものの吸収率と安定性が高い成分です。肌の上に長くとどまる性質があり、乾燥肌や敏感肌の人に向きます。オイリー肌の場合は皮脂分泌が過剰になる場合も。主にクリームやジェルに配合される成分です。

進化型

  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3ナトリウム

 

APPS、新型、アプレシエなどと呼ばれる進化型のビタミンC誘導体です。水溶性の即効性と油溶性の浸透力の両方を兼ね備え、刺激や乾燥にも強いのが特徴です。どんな肌質でも使える万能タイプですが、値段も高めとなっています。美容液やローションに主に配合されます。

 

APPSはどこがすごいのか?

ビタミンC誘導体の中でも特に優れた効果を持つAPPS。そのすごさを解説します。

浸透率の高さ

APPSの最大の特徴は浸透率の高さです。通常化粧品では届かない肌の真皮層まで浸透し、その効果は通常のビタミンC誘導体の100倍にもなります。

水溶性と油溶性の特性を併せ持つ

APPSは水溶性と油溶性両方の性質を併せ持っています。それぞれの効果を受け継ぎつつデメリットを克服した、どんな肌質でも使える万能成分なのです。

持続性

水溶性ビタミンC誘導体の持続時間は約12時間、油溶性ビタミンC誘導体の場合は約24時間となっています。しかしAPPSの場合は肌の奥深くまで浸透するため、さらに長時間効果が続きます。

低刺激

水性・油性それぞれに親和性があるため、低刺激なのも特徴です。

デメリットはあるの?

万能成分に思えるAPPSですが、やはりデメリットもあります。

劣化しやすい

APPSは温度変化や直射日光で劣化しやすいため、保存場所に気をつけ短期間で使い切る必要があります。

値段が高い

一般的に、水溶性や油溶性のビタミンC誘導体を配合した化粧品に比べ、APPS配合の化粧品は2倍〜3倍以上の値段です。ただしその分浸透力が高いためどちらのほうがコスパがいいかは考え方次第です。

化粧水の選び方

APPSを配合した化粧水を選ぶポイントを見ていきましょう。

濃度

化粧品に配合されるAPPSは、0.1%から高くても1%までが限度です。濃度が高いほど効果も高まりますが、その分皮脂抑制効果も高くなり乾燥してしまう恐れがあります。

成分表示

APPSは「ビタミンC誘導体」という名前で表示されているわけではありません。化粧品に含まれている場合は「APPS配合」もしくは「アプレシエ配合」、または成分名で「パルミチン酸アスコビルリン酸3Na」と書かれています。

一緒に配合されている成分

APPSと一緒に使うことで効果を高める成分がいくつかあります。

 

美白効果を高める

アルブチン、イソフラボンなど

 

抗酸化作用を高める

アスタキサンチン、ビタミンE、ローズマリーエキスなど

 

しわやたるみのケアには

レチノール、ペプチド、フラーレンなど

 

おすすめのAPPS配合化粧水

それでは、実際にAPPSを配合したおすすめの化粧水をご紹介します。

VC100エッセンスローション

従来品の「シーラボ VPWローション」に比べて、ビタミンC誘導体配合率200%という高濃度を実現。美白やハリに効果的なフラーレンのほか、肌を整えるアミノ酸を19種類配合して総合的に肌を整えます。

 

ニキビにAPPSがいいみたいだからシーラボのVC100エッセンスローションを買おうかな。使ってたときはお肌の調子がよかった。顎にできた大人のニキビがしぶとくいるし、毛穴も気になるしね。

(引用元:Twitter

エンリッチローション

ビタミンC誘導体をパウダー状にしてあとから混ぜるという2層式で美容効果を高めています。ビタミンC誘導体と相性がいい水溶性ビタミンE誘導体や、5種類のヒアルロン酸、6種類の美容保湿成分を配合し毛穴ケアやエイジングケアに効果的です。

 

Wエマルジョンクリームとエンリッチローションは、毎朝晩使ってますが、お肌がピンッと張って使い心地良いですよ

(引用元:Twitter

 

ケイカクテルVローション

高分子&低分子のヒアルロン酸・コラーゲンを配合することで、肌の奥まで保湿成分が浸透。12種類のビタミンがお肌を元気に整えます。

 

ケイカクテルVローション。とても使いやすいさらっとしたローションですがとても、保湿力抜群だと思います。抜群の保湿力が肌状態を良くし、毛穴が目立たなくなります。翌朝のもちっとした肌感触はなかなかでしたよ~

(引用元:Twitter

 

APPS誘導体は肌の奥まで浸透する優れた成分!

ビタミンCの弱点を克服し浸透力を高めたAPPSは、美肌効果抜群の成分です。少量配合でも効果が高く、従来のビタミンC誘導体との違いがきっとわかるはず。APPSを上手に利用して美肌を手に入れましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です