化粧水・乳液選びは年代と目的がポイント!おすすめ商品を紹介します

毎日使う化粧水と乳液ですが、年代や目的によっておすすめしたい商品は変わります。もちろんちゃんと理由があります。上手に使いたいけどたくさんありすぎて選ぶのが大変、という皆さんのために特徴や注意点・また具体的な商品名も載せ、まとめてみました。

年代、目的に合った化粧水・乳液使えてる?

化粧水や乳液について、深く考えず何となく同じものをずっと使っている、と言う人は少なからずいるようです。ですが化粧水や乳液の果たす役割は年代ごとに変わります。

いま自分の必要とする成分を、化粧水や乳液でしっかり補えていますか?自信を持って「YES」が言えるよう、年代や目的に合った商品知識を身につけましょう。

思春期ニキビや日焼けが天敵!10代向け化粧水3選

10代の肌は大人に比べると外的刺激が強くなりがちです。肌の新陳代謝は良いのですが、毎日の通学や部活などで受ける日光はかなりのものなので日焼け対策が必須です。

また10代の身体はまだ発育途上のため、ホルモンバランスが乱れ皮脂が過剰に出やすい状態です。そのため思春期ニキビができやすいと言われます。

さらに普段は意識していないようなグラウンドの土ぼこりにも、刺激物が含まれていて肌を痛める原因となっています。

学校生活で受ける色々な刺激で疲れた肌をしっかりケアして守るような化粧水を使う必要があります。

ナチュリエ/スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水)

  • メーカー:イミュ株式会社
  • 500ml
  • 720円(税込)

できるだけシンプルに、保湿に必要な成分だけを配合した低刺激性の化粧水です。大容量の500mlで、たっぷりパシャパシャ使えます。

保湿成分に天然ハトムギエキスを使用し、さっぱり使えるのにしっかりうるおいます。http://www.imju.jp/shop/g/g4903335695254/

ファンケル/無添加アクティブコンディショニング ベーシック

  • メーカー:ファンケル
  • 30ml
  • 1,512円(税込)

肌を外部の刺激から守ってくれる役割を持つ角層に注目し、すこやかな角層の誕生のために必要な成分を補ってくれます。

また角層には内部に貯めた水分を保つ役目もあるので、日焼けの機会が多く部分的に乾燥しがちな10代の肌にピッタリだと言えます。

http://www.fancl.co.jp/beauty/skincare/active/basic.html

オルビス/新アクアフォースローション

  • メーカー:オルビス
  • 180ml
  • 1,620円(税込)

「肌が自らうるおう力を高める」というコンセプトのアクアフォースローション、使うごとに肌への自信が出てきそうな化粧水です。

日焼けなどで急に乾燥した状態になってしまった肌でも、まるでプールのようにたっぷり貯水してくれるオルビス独自の処方です。https://www.orbis.co.jp/small/1101060/?adid=cosmetic_miniset_pc

オイルコントロールがカギ!10代向けの乳液3選

10代の肌は表面上、潤っているように見えるので化粧水だけをパタパタしておしまい、という方もいるかもしれません。

ですが実は化粧水のみでは肌の水分が蒸発しやすいため、肌がみずから潤いを足そうと頑張ってしまい皮脂が過剰に出やすい状態に陥っていることがあります。

以上をふまえ、10代の肌には保湿に特化した乳液ではなく油分が少なめのさっぱりとした乳液を使うようにしましょう。

専科/パーフェクトホイップシルキー

  • メーカー:資生堂
  • 150ml
  • 994円(税込)

オイルを使っていないので、べたつかずさらっとした感触でみずみずしいシルク肌を体感できます。

乳液では珍しい「泡状」のタイプで、コスパに優れていながらも天然シルクエッセンスやヒアルロン酸・コラーゲンなど肌の栄養になるものはしっかり配合されています。

http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?brnd_cd=7A&shohin_pl_c_cd=766002&online_shohin_ctlg_kbn=1

菊正宗/日本酒の乳液

  • メーカー:菊正宗
  • 380ml
  • 907円(税込)

肌に効く成分がたっぷり含有の、米発酵液エキス・アミノ酸などを使った乳液です。ほのかに、優しく甘い日本酒の香りがします。

3種類のセラミドを加えたりマイルドな使い心地にしたりと改良がくわえられ、ますます魅力的な商品になりました。

https://www.kikumasamune.shop/fs/kikumasamune/cosmeandbath/nkl45

無印良品/乳液・敏感肌用・しっとりタイプ

  • メーカー:良品計画
  • 200ml
  • 580円(税込)

保湿成分には天然由来のものを使用し、無香料・無着色・無鉱物油、そしてアルコールもフリーな、肌にやさしい安心タイプです。

うるおい成分と、肌を保護する成分がしっかり配合されている上に敏感肌のことまで考えた優しい使い心地です。

https:/www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076448365

 

大人ニキビや乾燥に注意!20代向けの化粧水3選

10代の頃はテカテカの脂性肌だった人も20代後半になると乾燥肌に変わりやすいものです。

そのまま以前の化粧水を使い続けている人は今までのスキンケアが合わなくなるように感じるかもしれません。

ホルモンバランスは徐々に安定してくるものの、やはりまだまだ肌が未成熟なので乾燥肌と脂性肌が混合しているような状態になったり、ストレスが肌表面に表れやすかったり…と肌のコントロールが難しい年代です。

そして仕事のストレスや、生活習慣の乱れによるトラブルで多いのが「ニキビ跡になりやすい大人ニキビ」です。

そういったトラブルを少しでも避けられるよう、しっかり肌の栄養を補ってくれるものを選びましょう。

雪肌精/薬用 雪肌精

  • メーカー:コーセー
  • 200ml
  • 5,400(税込・参考価格)

雪のような肌を叶えることができる薬用化粧水です。ハトムギ・トウキ・メロスリアなどの和漢保湿エキスが配合されています。

キメが荒くなった肌を優しく整え、生活習慣の乱れや乾燥と脂性が混合してケアが難しくなった肌も、ちゃんとバランスよく潤いで満たしてくれる一品です。

https://www.amazon.co.jp/%E9%9B%AA%E8%82%8C%E7%B2%BE-4971710107630-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%BC-%E8%96%AC%E7%94%A8%E9%9B%AA%E8%82%8C%E7%B2%BE-200ml/dp/B0010MGT70/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1510203307&sr=8-2&keywords=%E9%9B%AA%E8%82%8C%E7%B2%BE+%E5%8C%96%E7%B2%A7%E6%B0%B4

肌ラボ(肌研)/極潤ヒアルロン液

  • メーカー:ロート製薬
  • 170ml
  • 734円(税込:参考価格)

肌への浸透感とモチモチ感をUPさせることで、乾燥肌と脂性肌が混合していても幸せな使い心地を実現できる一品です。

必要な成分を過不足なく補ってくれる理想的な化粧水で、特にヒアルロン酸の配合は3種類を厳選し、黄金比率と呼べるほどにこだわっています。

https://www.amazon.co.jp/%E8%82%8C%E3%83%A9%E3%83%9C-%E6%A5%B5%E6%BD%A4%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%B6%B2/dp/B074GX619Q/ref=pd_bxgy_194_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=N38VTQ21976YCBCT7XA4

FINE VISUAL/バイタルコンディショニングローション

  • メーカー:サイエンスボーテ
  • 200ml
  • 7,350円(税込)

北海道産サラブレッド馬のプラセンタを高配合することにより、必須アミノ酸や酵素などの肌に必要な成分がこれ1本でしっかり補給できるというありがたい一品です。

もちろんコラーゲンやヒアルロン酸もしっかり配合されており、少しずつ変わり始める20代の肌をキメ細かく、そして毛穴が目立ちにくい肌へ導いてくれます。

https://www.finevisual.jp/products/detail.php?product_id=63

乾燥に負けない肌に!20代向けの乳液3選

20代に差し掛かると新陳代謝が徐々に落ち着いてくるのが実感できるかと思います。今までのように速い速度で新しい皮膚が作られる、というわけではなくなります。

そこで、肌のターンオーバーを整え美肌を導くことができるかどうかカギとなります。そういった対策のされている乳液を選ぶと10年後の肌に大きな差が生まれるでしょう。

20代はまだまだ若いとはいえ加齢による肌トラブルに備える必要もありますし、少しでも肌年齢の加速を遅らせることができたらその後の肌ケアが楽になります。

乳液選びは重要ですから、しっかりと自分に合うものを見極めていきましょう。

エトヴォス/セラミドスキンケア モイスチャライジングセラム

  • メーカー:エトヴォス
  • 50ml
  • 4,320円(税込)

高保湿成分を贅沢に数種類たっぷり配合。まさに肌年齢の加速を食い止める潤いパワーの乳液、といえます。

一本で乳液と美容液を兼ねることができるほどの保湿力で、美肌へのカギとなる20代からの肌ケアにとって頼もしい味方です。

https://etvos.com/fs/etvos/cd-007

ちふれ化粧品/乳液さっぱりタイプ

  • メーカー:ちふれ
  • 150ml
  • 594円(税込)

保湿成分としてヒアルロン酸やトレハロースを配合していますが、ミネラルオイルやスクワランも含まれているためさっぱりとするのにちゃんと潤う乳液です。

肌なじみも良く、つけたあとはスッキリすべすべなお肌を実感できます。

http://www.chifureshop.jp/fs/cfrec/milky_lotion/2009?_ga=2.125686666.1258220036.1510206484-1746378558.1510206484

ライスフォース/薬用保湿美容液

  • メーカー:アイム
  • 30ml
  • 10,000円(税抜)

ライスフォースの特徴でもあるライスパワーエキスはとても水分保持機能に特に優れた成分です。

無香料、無着色、石油系の界面活性剤も不使用、動物性の原料不使用なので肌の転換期にあたる20代の敏感なお肌にも安心で、肌年齢の加速スピードも遅らせることが期待できる製品です。

https://www.riceforce.com/stc/item/deep/essence.aspx

肌老化サインに負けない!3、40代向け化粧水3選

3、40代にさしかかると女性ホルモンの減少に伴う乾燥が強くなり、さらに長年の日焼けや生活習慣の乱れの蓄積によるシミ・くすみが目立ってくる時期でもあります。

こういった肌の状況に効くのはなんといっても保湿・美白ケアの徹底です。

保湿成分はほとんどの化粧水に入っているのですが、その効能がより高いものを選びましょう。

さらに美白ケアのことも考えられたものならシミやソバカス予備軍とも言うべき色素沈着も防いでくれますので、3、40代にピッタリといえます。

FANCL/アクティブコンディショニングEX化粧液

  • メーカー:ファンケル
  • 30ml
  • 1,836円(税込)

美肌のカギとなる角層をしっかりケアし、セラミドやコラーゲンが年齢肌にアプローチしてくれます。

肌に不足しがちになってくる成分を補ってくれるので潤いに満ちた肌になり、ふっくらと柔らかなハリ肌を実感できます。

http://www.fancl.co.jp/beauty/skincare/active/ex.html

ヒフミド/エッセンスローション

  • メーカー:小林製薬
  • 120ml
  • 3,240円(税込)

3種類ものヒト型セラミドを配合し、角質層の奥までうるおいを与えることにより乾燥による小じわを目立たなくしてくれます。

ターンオーバーの乱れなどで角層が固くなりがちだった肌も、しっかり保湿することで顔全体が柔らかくなります。

https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/21210.html

SK-Ⅱ/フェイシャル トリートメント エッセンス

  • メーカー:マックスファクター
  • 75ml
  • 6,060円(税込・参考価格)

潤いがあふれる元気な素肌へ導いてくれる上に肌のほてりなどにも有効で、コットンパックなどもおすすめの使用方法です。

キメを整え、ハリを持続し、輝きのある肌が叶う、そんなピテラのパワーがたくさん含まれた一品を自分の素肌で実感してみてください。

https://www.amazon.co.jp/SK-II-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9-75ml/dp/B00WSD0LME/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1510208892&sr=8-3&keywords=%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

丁寧なケアが不可欠!3、40代向け乳液3選

3、40代の方が使うべき乳液は、とにかく保湿力が高いもの、そしてエイジングケア効果が高いものであるべきです。

肌の保湿がしっかりできるとそれだけで見た目がかなり変わってきますが、保湿だけでは補うのが難しい美容成分もあります。

エイジングケアのことも考えられた乳液なら、年齢を重ねた肌に足りないものをよく研究されて配合していますので「保湿だけではない、痒いところに手が届くような肌ケア」の効果を実感できるはずです。

POLA/RED B.A ミルク

  • メーカー:ポーラ
  • 80ml
  • 21,600円(税込)

高機能保湿成分が、肌をほぐすように広がっていきます。贅沢にうるおいを抱え込み、年齢肌の悩みをピンポイントでケアしてくれます。

角層もなめらかに整えてくれるので一度うるおった肌をしっかりキープ。まさにドラマティックな肌感触です。

保湿だけでは足りない部分も満足できる美容成分入り。納得のハリ感と弾力感を感じられます。

http://net.pola.co.jp/beauty/products/html/item/002/024/item151226.html

ソフィーナボーテ/高保湿乳液 とてもしっとり

  • メーカー:ソフィーナ
  • 60g
  • 3,456円(税込・参考価格)

商品名は自信の表れ。その名の通り「高保湿」で「とてもしっとり」する、乳液です。こちらは公式サイトに説明されているように、夜の使用を前提として各主成分が配合されています。

年齢肌はうるおいキープ力が弱くなりがちですが、保湿にこだわり持続型のセラミドケア処方をしているため角層細胞レベルからうるおい保持でき、うるおう力そのものを高めてくれます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%86-%E9%AB%98%E4%BF%9D%E6%B9%BF%E4%B9%B3%E6%B6%B2-%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%82%8A-60g/dp/B01LYIDYIY/ref=pd_bxgy_194_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=WVMSXWESCZQTYW4NG6ZF

資生堂/HAKU インナーメラノディフェンサー

  • メーカー:資生堂
  • 120ml
  • 5,400円(税込)

美白に有効な成分を配合してあるので、シミやソバカスの原因になるメラニンの生成を抑えてくれます。

また年齢肌によくみられるターンオーバーの乱れですが、肌のうるおいをキープする処方で肌の生まれ変わりをサポートし、再生能力を高めて支えてくれます。

高保湿タイプでありながらニキビのもとになりにくいよう独自の工夫がされており、多方面から年齢肌へ効果的なアプローチをする美白乳液です。

http://www.shiseido.co.jp/sw/products/SWFG070410.seam?shohin_pl_c_cd=685102&online_shohin_ctlg_kbn=1

多くの女性が抱える5大お肌の悩みの原因と対策法

乾燥肌

外気の乾燥により肌の潤いが逃げていく場合や、肌のキメが荒くなっていることで潤いを閉じ込めておけない場合、また衣類の素材による刺激によっても乾燥肌は進行します。

室内にいるときは加湿器などで対策したり、保湿に特化した化粧水・乳液をマメに塗ることで対処できます。

そして下着・洋服の素材は化学繊維より自然の素材、綿やシルクが良いとされています。乾燥肌は静電気を起こしやすいのでそういった意味でもパチッとしにくい綿やシルクは適しています。

状況に応じて柔軟剤を使うこともおすすめです。刺激が減り、肌へのストレスが緩和し、衣類の摩擦による乾燥を防いでくれます。

オイリー肌

皮脂腺が多い方や皮脂の分泌が多いことが原因で肌がベタベタすることがありますが、1日何度も洗顔してしまうのはNGです。皮脂を落としすぎると余計に分泌が進むことも考えられるためです。

対策として、まずは食生活を見直してみましょう。油っぽいもの、甘いものなどは皮脂の分泌を促します。

そしてストレスもできるだけ減らしましょう。ストレスを受けることによっても、皮脂の分泌を促す物質が分泌されます。

ちなみに生理前は、黄体ホルモンの分泌により皮脂の分泌がいつもより多くなりがちです。自分の生理周期をよく知ることもオイリー肌の方に必要なことです。

そろそろ生理がくる頃かな、と事前に分かればいつもより対策を強化し、食生活にも気をつけストレスを避けるよう動けます。これだけでも皮脂の過剰分泌が静まりやすくなります。

毛穴を引き締めたい

10代の頃はキュッと引き締まった毛穴だったのが、年齢を重ねると乾燥や肌の弾力の低下によりだんだん涙型の毛穴になります。

毛穴引き締め対策の化粧水などでパッティングするのも有効なのですが、効果が一時的な場合もあるので基本は「肌の保湿」を心がけて下さい。

肌がちゃんと潤うことで弾力が出て、毛穴も自然と引き締まっていきます。逆に乾燥が続くと肌の角質層にある細胞同士に隙間ができてしまい毛穴も広がる原因となります。

毎日のこまめな保湿ケアは毛穴対策にはとても大切です。

くすみ

人の顔の表皮はとても薄いので、血行不良や乾燥などの原因ですぐに肌がくすんでしまいます。

くすみがあると顔色が悪く見えたり、実年齢より老けてみられるので改善策を施すことが重要です。

血行不良が原因となっているものは、ゆっくり半身浴をすることや顔の血行改善マッサージをするだけでもかなり変わる可能性があります。

少しぬるめのお湯(38~40℃)に15~20分、リラックスして浸かることで効果が出やすくなります。

また顔の血行マッサージも効果的です。自分で簡単にできるという点では頭皮のマッサージがとてもオススメです。

五本の指で頭皮を少し強めに揉んであげるだけで、かなり顔の肌が変わってきます。目のクマにも有効なのでぜひ試してみて下さい。

また乾燥によるくすみには保湿が重要で、特に睡眠中は知らず知らずのうちに肌が乾燥しているので布団に入る前には肌に水分をあげると良いです。

夜10時~夜中の2時は美肌につながるホルモンも出やすくなります。そのためこの時間はできるだけしっかり睡眠を取りたいものです。

ニキビ(思春期/大人)

思春期ニキビは、成長ホルモンの分泌が多い10代の頃に見られるもので、できる場所は皮脂腺の集まる鼻やおでこ・頬などのいわゆるTゾーンが多く、皮脂の分泌が過剰になることが原因と言われています。

そのため思春期ニキビの対策は「肌の皮脂と水分量が適度に保たれるようケアしてあげる」というものになります。

大人ニキビは、生活習慣の乱れやストレスなどが引き金となって肌の水分や皮脂のバランスが崩れることが主な原因と言われています。

皮脂腺に関係なく、フェイスラインやあごのあたり・首の近くなどにできることが多くなります。

大人ニキビは「生活習慣と食生活の見直し」「ストレスの軽減」で肌の水分と油分のバランスをとることが対策として有効です。

ニキビ用化粧品についてもっと見る

年代、目的に合った物を使わないとどうなる?

化粧水や乳液を、自分の年代や目的に合わないまま使っているとどんなトラブルになる可能性があるのでしょうか。

余計な油分を肌に与えてしまいニキビなどの肌トラブルに

皮脂の分泌が多くなりがちな10代の方が、例えば親が使っているからとついアンチエイジング世代向けの化粧水を使ってしまった場合、ベタベタして不快な感じに悩まされることがあります。

また本来なら必要のなかった油分を与えていることになり、ニキビもできやすくなります。

必要な水分・油分を補給できずに常に肌が乾燥した状態に

乾燥に悩む方が、皮脂の分泌を押さえてコントロールするための「さっぱりタイプ」などの化粧水を使った場合は、肌が必要としている水分や油分を補うことができません。

そのため肌の乾燥がずっと続いてしまうことになりますので、シワが目立ってしまったり毛穴が開いてきたりとあらゆる肌トラブルも増えてしまいます。

肌に合わない場合刺激となってヒリヒリと痛んだりすることも

敏感肌の方が美白成分多めの化粧水などを使った時は、肌が成分の刺激でヒリヒリしたり赤くなったりする可能性があります。

また「日焼けのあとに爽快感を得られる」といったような、敢えて少し刺激を感じるように作られた化粧水などもありますがそういったものを使うと肌質や年齢によってはピリピリした痛みが出ます。

きちんと自分の肌の特性を知ったうえで化粧水・乳液を選ぶことが大切。口コミだけを鵜呑みにしない

自分の肌が求めているものは何かをよく知ることで、自分に合った化粧水や乳液を上手に選べます。そのためには自分の肌質をよく見極めましょう。

口コミが高評価だからと簡単に飛びつくと、実は自分には必要のない成分が入っていたり、逆に補いたい成分が入っていなかったりして肌のバランスが崩れてしまいます。

また季節により肌の特質が微妙に変わりますので、四季を通じて同じものを使うのではなく自分の肌に補ってあげたい成分をよく考え、上手に化粧水と乳液を使いこなしていきましょう。

化粧水・乳液に関するQ&Aあれこれ

オールインワン化粧品はどういう人におすすめ?

なんといっても時短というのが大きなポイントですので、肌のケアにあまり時間をかけられない人におすすめです。

また肌に塗っていく順番なども考える必要がないので、朝が苦手で頭がいつまでもぼーっとしがち……という人に向いているといえます。

費用も比較的、抑えることができますし、肌への負担も少ない場合が多いですが、一つ一つの美容成分が肌にもたらす効果はそれぞれ別々に使うものに比べると少なくなります。

「この美容成分には徹底的にこだわりたい!」という何か特定の成分が決まっている場合は、オールインワンではなくそれぞれ別になったタイプのほうが効果をより実感しやすいでしょう。

ニキビができている時も乳液は必要?

ニキビのできた原因により、必要かそうでないか変わってきます。

乾燥などが原因の大人ニキビは適度な水分を肌に補う必要があるので乳液も塗ってあげる方が良いと言えます。

逆に、皮脂の分泌が過剰となっているのが原因の思春期ニキビの場合は、乳液を塗ってしまうと皮脂線が詰まりやすくなりニキビの悪化につながります。

ですから思春期ニキビには乳液は必要ないと考えて良いでしょう。

男性向け化粧水・乳液を女性が使ってもいいの?

男性向けに売られている商品が肌質に合うのであれば、使っても問題ありません。

とはいえ保湿よりは皮脂を抑えたり、「さっぱり感」を感じる目的のものが多いので、スーッとするような使用感の場合は注意も必要です。

肌の刺激になる成分を含有しているものをずっと使い続けると、知らず知らずのうちに肌を痛めてしまっていることもあるので肌の異変を敏感に気づけるよう意識して使用してください。

正しく化粧水・乳液を使って綺麗な肌を維持しよう

自分に合った化粧水と乳液を使うことで、綺麗な肌を維持しやすくなります。

自分の求めていない成分が入ったものや、逆に補うべき成分が入っていないものなどを使い続けてしまうと重度の乾燥やニキビ、そして肌の痛みなど、トラブルの元になります。

年齢、肌質、季節、肌の悩みなど選ぶポイントはたくさんありますが面倒くさがらずしっかり調べて肌を少しでも喜ばせてあげましょう。

なりたい素肌にどれだけ近づけるかは、化粧水と乳液選びにかかっています。

良いものに巡り会って、納得の肌ケアをコツコツ続けていきましょう。そして綺麗な肌をぜひ維持し続けて下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です