ビタミンC誘導体の種類と効果を徹底分析!美肌効果の一番はコレ

ビタミンC誘導体は種類によって使い方や効果が異なります。美肌効果で注目されている成分ですが、自分の肌質や悩みに合ったものを見極める必要があるのです。今回は、ビタミンC誘導体の種類と効果について詳しく見ていきましょう。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体は、ビタミンCが持つ作用を効果的に肌に取り入れるため、肌に吸収しやすく加工した成分です。使用することでニキビ改善・毛穴の引き締め・シワやたるみの予防・シミの改善など、さまざまな効果が期待できます。ビタミンC誘導体の種類と効果についてお伝えします。

なぜビタミンC誘導体がいいのか

ビタミンCだけでは吸収が悪い

ビタミンCは美肌のビタミンとして有名です。しかし、直接塗っても肌には浸透しない上、壊れやすく空気に触れると酸化するという問題点がありました。そこでビタミンCを加工し安定性や吸収性を高めたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は、肌の上で酵素と反応しビタミンCへと変換されて効果を発揮します。

肌への効果

アンチエイジング

ビタミンCは強い抗酸化作用を持っており、老化の原因となる活性酸素を抑制する効果があります。

 

シミの改善・予防

シミの原因となるメラニン色素が作られるのを防ぐほか、還元作用によってできてしまったシミを薄くするのにも効果的です。

 

シワ・たるみの改善・予防

肌にハリ・ツヤを与えるコラーゲンや、肌の上で水分を保持するセラミドの生成を促進します。肌の上でうるおいを保ち、ハリ・ツヤを与えるためシワやたるみの予防になります。

 

ニキビ予防効果

ビタミンCには皮脂の抑制効果があり、過剰な皮脂分泌を防ぐことが可能です。さらに活性酸素を除去してくれることにより、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑える役割も果たします。

 

ターンオーバーを促進

ビタミンC誘導体が肌の上でビタミンCに変わると、ビタミンEの働きが活性化して血行がよくなります。すると肌のターンオーバーが促されるため、保湿効果や過剰な皮脂分泌が抑えるのに効果的です。

 

うるおいを保つ

ビタミンCそのものに水分保持力はありませんが、皮脂の酸化や活性酸素の生成を抑制することで肌の保湿力を高めることにつながります。

 

毛穴の開きを抑える

毛穴が開く原因には、乾燥や皮膚のたるみ、皮脂の過剰分泌などがあります。ビタミンCは肌を引き締め、皮脂分泌を抑える作用があるため、肌のキメを整えて毛穴の開きを抑えるのに効果的です。

種類と効果

ビタミンC誘導体は大きく3種類に分けることができ、それぞれ効果や特徴に違いがあります。自分の肌質や目的に合わせて選んでいきましょう。

水溶性

リン酸アスコルビルMgマグネシウム

アスコルビン酸グルコシド

 

水溶性のビタミンC誘導体は、主に化粧水に配合される成分です。即効性はあるものの、浸透性や持続性にはやや欠けます。乾燥しやすいため、乾燥肌や敏感肌の人よりはオイリー肌の人に向きます。

脂溶性

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

パルミチン酸アスコルビル

 

ビタミンCは本来水溶性ですが、そこに油を結合させた成分です。美容液やクリームに主に使われます。水溶性に比べて持続性が高く保湿効果が高いものの、即効性に欠けるのが難点です。乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすい成分です。

 

APPS

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

 

新型やアプレシエとも呼ばれる新しいビタミンC誘導体です。水溶性と脂溶性の両方の性質を持ち、水溶性とくらべて薬100倍の浸透率があります。即効性もあり肌への刺激も少ない成分ですが、水溶性や脂溶性と比べると比較的高価です。

相乗効果が得られる成分

ビタミンC誘導体には、一緒に使うことで相乗効果が得られる成分がいくつか存在します。それぞれの特徴と効果を見ていきましょう。

アルブチン

美白成分として有名なアルブチンは、ビタミンCと相性がいい成分です。ビタミンC誘導体同様、メラニン色素の生成を抑制する働きがあるため、一緒に使うことでさらに高い効果が得られます。

フラーレン

フラーレンはコラーゲンを生成する作用があり、エイジング効果の高さから人気のある成分です。体内で活性酸素を吸着してくれるため、一緒に使うことでビタミンC誘導体の吸収率を高めてくれます。

レチノール

レチノールはビタミンAを化粧品成分として使う際の名前です。ビタミンAはビタミンCと一緒にとることで効果が高まります。レチノールは脂溶性のため、ビタミンC誘導体配合の化粧水→レチノール配合のクリームという順番で使うと浸透率が高まります。

副作用は?

効果が高いビタミンC誘導体ですが、副作用もあります。

乾燥しやすい

ビタミンCには皮脂分泌をコントロールする働きがあり、元々乾燥肌や敏感肌の人が使うと乾燥しすぎてしまう場合があります。保湿成分を補うか、APPSを選ぶのがおすすめです。

刺激が強い

ビタミンC誘導体を初めて使うと、肌にピリピリとした刺激を感じることがあります。肌質のほかにも、ビタミンC誘導体の配合濃度が高すぎる場合にも起きやすいです。

新型では少なくなっている

これらの副作用は、APPSの場合は比較的少なくなっています。少しお値段は張りますが、副作用が起きづらく浸透率も高いAPPS配合の化粧品を選ぶのが確実です。

おすすめの化粧品

それでは、ビタミンC誘導体を配合したおすすめの化粧品をご紹介します。

VC100エッセンスローション

APPSを200%配合(シーラボ VPWローションと比較)しており、高い浸透率が人気の化粧水です。美肌・整肌成分をたっぷりと配合し、ハリ不足やくすみ、乾燥、毛穴の開きといった悩みにアプローチします。

 

使い始めてからずっと肌の調子が良いです!ニキビのできる数が格段に減り、できても小さいのですぐ治ります。

しっとりめのテクスチャーですが、使った後もベタベタしないのでそこも気に入ってます。

(引用元:cosme.net

 

ビタミンCだけどつっぱることもなく、すごく浸透します。

毛穴も少し目立たなくなった気がします。

あごに大きなニキビが出来やすく皮膚科に通うほどでしたが、この化粧水を使用してからは大きいニキビができていません。

(引用元:cosme.net

 

プリモディーネ シーバムコントロールVCローション

美容液のように高濃度・高浸透がウリの化粧水。APPSと水溶性ビタミンC誘導体をダブルで配合しています。パラベンやフェノキシエタノールを使用していないため敏感肌でも安心。

 

2週間ほど使ってみて嬉しかったのが

肌の透明感がものすごく出たこと

少し白くなったかなということは

他の化粧品でもよくある事なのですが

こちらは、ワントーンどころじゃなかったです!!

(引用元:cosme.net

 

お肌が、ふっくらして、柔らかくなりました。

ニキビにつけると、炎症がおさまって、赤みがひいてくれました。

(引用元:cosme.net

 

アマランス APPCフラセラム

APPSと相性がいいフラーレンスを配合した美容液です。どちらも高い抗酸化力があり、保湿・浸透作用が強くエイジングケアにぴったりです。

 

皮膚科監修、ドクターズコスメということで肌には優しそうだなと思い使ってみました

手のひらにとり、顔に広げていくとなんの刺激もなく、すぐに浸透しました

化粧水をその後につけるのですが、いつも以上に浸透が早くてびっくりでした

そのあとは肌がモッチリ柔らかくなり、触れるのが気持ちよかったです^_^

(引用元:cosme.net

 

こちらを使用しますと、化粧ノリが良くなった気がします。

お肌の調子も上がってる気がしました。

私はハンドプレスで使用していますがぐんぐん肌に吸収されていってる感じがします。

(引用元:cosme.net

ビタミンC誘導体は美肌に効果抜群の成分!

このように、ビタミンC誘導体は非常に効果の高い成分です。肌のあらゆる悩みに対応してくれるため、美肌づくりに欠かせない成分といっても過言ではありません。自分の肌質に合うタイプを把握し、日々のケアに役立ててみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です