ランドセルの賢い選び方!7つのコツ&2018年”注目ブランド5選”

| 未分類
Share:

ランドセルの賢い選び方を教えます!とにかく軽ければ良いと思っていませんか?子どもが気に入ったからと流行のデザインのランドセルを買うと、あとあと後悔することもあります。いつからラン活を始めればいいの?なに色がおすすめ?といった疑問もすべて解決。経験者にしかわからない、ランドセル選びの7つのポイントを教えます。子どもの6年間の相棒にふさわしい優秀なランドセルに出会うために、先輩の失敗談を参考にしてまちがった選び方を回避しましょう。

Contents

ランドセルは選び方が大事!

高いお金を払えば良いランドセルが必ず手に入るわけではありません。すべての子どもに合うランドセルもありません。一人ひとり体格が違うのと同じように、合うランドセルも違います。

ランドセル選びの先輩の声を参考にしながら、一生に一度のランドセル選びを必ず成功させましょう!

ランドセル選びで困ったことを調査!

これまでランドセルを購入したことがある100人にアンケート調査をしました。みなさん、どんなことで困ったのでしょう。

  • ブランドが多すぎる
  • 機能が多くてなにを重要視すべきか
  • 子どもの意見をどこまで尊重するか
  • いま流行りがわからない
  • 種類が多くて比較しにくい
  • 早い段階で売り切れる

ブランドが豊富すぎて選びにくい

  • どのブランドにするか?という時点でめっちゃ悩みました。(30代/専業主婦/女性)
  • それぞれのこだわりをリサーチしているうちに訳がわからなくなった。(30代/パート勤務/女性)

まずは資料を請求し、気になるブランドをいくつかに絞ったうえで、展示会やショールームに行きましょう。

何に注目して選んだらいいの?

  • 機能があり過ぎて、どの機能が重要なのかさっぱりわからなかった。(60代/専業主婦/女性)
  • 丈夫さ、デザイン、機能性、どれを重視するかで迷いました。(40代/パート勤務/女性)

元気で活発な男の子には丈夫さ、オシャレに敏感な女の子には6年間飽きずに使えるデザインを、登下校の道のりが遠い子どもには軽さや背負いやすさ重視など、優先順位を決めましょう

子どもと親の意見が合わない

  • 絶対に使いにくいよと言っても聞く耳持たずで何度も喧嘩になりました。(30代/会社員/女性)
  • 色やデザインだけで選ぶので困りました。でも好きな色やデザインを買ってあげたいし……と葛藤。(40代/会社員/男性)

一度、通学路を歩いてみて、これだけの距離を重たい教科書を持って歩くんだよ~ランドセルは軽いほうがいいかもね。体操服とかもランドセルに入れられたら両手があくから便利だよね。などと、具体的な話をしながらランドセルの機能を教えてあげると良いでしょう。

人気のデザイン・色がわからない

  • 最近人気のデザインががまったくわからず困った。(30代/パート勤務/女性)
  • どの色を選ぶと良いかがわからなかった。変な色を買って、学校で笑われても可哀想ですし……。(60代/会社員/男性)

人気のデザインや色は、各ブランドが公式サイトで発表してることも多いのでチェックしてみてください。

専門店では数種類を比較しずらい

  • 展示会に行ったけど、そのブランドのランドセル同士しか比較できずあまり参考になりませんでした。(40代/パート勤務/女性)
  • 似たりよったりなランドセルを比較して終了。ほかのブランド同士も比較できるデパートとかのほうが良かったかも?(40代/専業主婦/女性)

ショールームや展示会では、そのブランドのランドセルしか比較ができないのがデメリットですが、そのブランドで働く人から詳しい話が聞けるのがメリット。ほかのブランドと比較したい場合は、さまざまなブランドを取り扱う販売店に行くのがおすすめです。

ギリギリまで待ったら売り切れ続出

  • 安くなるのを期待して、入学1ヶ月前くらいにランドセルを探したら、どこも売り切れで好きな色もデザインも選べなかった。(30代/フリーランス/女性)
  • 在庫処分セールが安いと聞いて待っていたけど、結局、売れ残り感満載の人気のないデザインで妥協することに……。子どもには可哀想なことしました。(40代/専業主婦/女性)

最終の在庫処分セールは、たしかに破格です。とってもお得なことは間違いありませんが、人気デザインや色は早々に売り切れてしまいます。希望の色やデザインがある場合は、早割を利用して買ったほうが確実でおすすめです。

ランドセル選びの失敗例

ランドセル選びの失敗談も経験者に聞いておきました。

  • 壊れた
  • フィットしなくて背負い心地が悪そうだった
  • デザインに飽きたと言いだした
  • いつ買うのが安いのか知らなかった

壊れてしまい、6年間使えなかった

  • 安いランドセルを買ったところ、乱暴に扱う息子にかかるとすぐ壊れてしまいました。保証もなく修理できませんでした。(30代/専業主婦/女性)
  • 保証がなくても大丈夫だろうと思っていたら、もう少しで卒業というところで肩ベルトが壊れました……。(50代/会社員/男性)

ランドセルは丈夫なものですが、いつどんな時に壊れてしまうかは予測がつきません。修理をするにしても、もう一度買うにしても、高くついてしまいます。

少々高くても、6年無料修理保証が付いているランドセルを選んだほうが安心です。

子どもの身体にフィットしなかった

  • 届いてから背負わせてみたら、あまりフィットせず、背負いにくいと言いだした。(30代/パート勤務/女性)
  • 電話で注文しましたが、届いて背負ったらしっくりこなかったよう。面倒でもお店へ行けば良かった。(60代/専業主婦/女性)

多くのランドセルが、背中にフィットするように、背負いやすいように設計していますが、子どもの背中はひとりひとり違います。

実際に背負って、背あてがフィットするか?肩ベルトは痛くないか?などチェックしてから買いましょう。

子どもがデザインに飽きてしまった

  • あれだけ水色が良いと言って買ったのに、1年足らずでピンクか赤にすれば良かったと言いだして唖然。(30代/看護師/女性)
  • 刺繍に引かれて買いましたが、高学年になると好みが変わってきて刺繍が外せたらな……と言っていました。(40代/専業主婦/女性)

6年間のあいだに子どもの好みも変わることもあるでしょうし、流行も変化し続けます。

その色、6年間持ちたい?いまの流行に乗り過ぎてない?体も大きくなった高学年の時に背負っていても似合いそう?などという点からも見直してみると良いですよ。

お得に購入できる機会を見逃した

  • 年長さんになったばかりの春、ランドセルの話をしているママ友に対して気が早すぎるのでは?と思っていたけど、早く買うと早割があったのです!知らなくて損したー!(30代/パート勤務/女性)
  • まったく同じ商品が通販だと1万円以上安かったのを見て腹が立ちました。(40代/自営業/男性)

ランドセルが安く買えるタイミングってあまり知らないものですよね。

早期予約で安くなる早割や、公式サイトから注文するとWeb割があったりします。舐めてはいけないのはその割引率です。ショールームに見に行ったとしても、一応公式サイトでの販売価格もチェックしましょう。

ココに注目!”7つのポイント”

ランドセルを選ぶ時は、7つのポイントに注目しましょう。

  • 6年間、安心の素材
  • 体にきちんとフィットする
  • 男の子は黒、女の子は赤やピンクが人気色
  • A4ファイル対応
  • 子どもの安全を守れる
  • 信頼できるメーカー
  • 量販店、工房、ネット通販それぞれに魅力がある

1.素材

それぞれ風合いや質感、耐久性が異なります。

クラリーノ

クラリーノとは人工皮革のことで、約7割の小学生がクラリーノ素材のランドセルを選んでいるといわれています。牛革やコードバンに比べて軽いという点で人気。

耐水性と手入れのしやすさに優れているので、活発な子どもにはぴったりです。

牛革

牛皮の最大の魅力は、見た目の良さ。皮の醸し出す風合いは高級感に溢れています。また6年間という長い期間も心配いらないほどの丈夫さも兼ね備えています。

水に弱いのと、クラリーノに比べると重い、そして価格が高いという点がデメリットです。

コードバン

コードバンは、希少部位でもある馬の尻革部分。抜群の風合いで耐傷性も高く、耐水性もあり、お手入れもしやすいという魅力的ですが、値段が高いというのがメリットです。

2.フィット感

ランドセルを選ぶ際に軽さを重視する人は多いと思いますが、同じように注目して欲しいのはフィット感。フィットしていないと、軽いランドセルでも重たく感じてしまいます。

肩ベルト

肩ベルトがしっかり肩にフィットするか、フィットした肩ベルトは痛くないか、を必ずチェックしてください。

肩ベルトの根元が立ち上がっているタイプのほうが肩にフィットしやすく、肩も痛くなりにくいです。

背中クッション

チェックし忘れがちなのが、背中のクッションが背中にしっかりフィットしているかどうかです。ランドセル自体が軽いだけではダメで、背中にしっかりフィットすることによって重さが分散されるので軽く感じられます。

3.色・デザイン

子どもの好みを尊重してあげて、お気に入りの色を見つけましょう。

男の子に人気のデザイン・色

やはり定番の黒です。

比較的シンプルなものが人気のようで、男の子はやはり耐久性や使い勝手を重視する傾向にあるようです。

女の子に人気のデザイン・色

赤やピンクが人気色のようです。

女の子らしい刺繍や内装など、細かい部分でほかのランドセルと差が付くようなものだと6年間飽きずに使えるでしょう。

4.収納力

使いやすいと感じられるランドセルは、収納力のあるランドセルです。

A4ファイル対応

最近はA4ファイルを使う小学校が増えてきています。

対応サイズではなくても、ちょっと端を折り曲げれば入るのですが、そんな毎日の小さなことが子どもにとっては大きな負担になることもあります。

ポケットの数

とくに、重たい荷物を背負って登下校することに慣れていない低学年の子どもにとっては、手に持つ荷物が負担になります。

ランドセルによっては体操服も入れられるポケットがあったり、リコーダーを入れるポケットがあったりして、手に持つ荷物の数を減らしてあげられます。

5.安全性能

ランドセルは、子どもの6年間の安全を守ってくれるパートナーでもあります。

反射ベルト

学童やクラブ活動などで、冬の日暮れが早い時期に薄暗い道を帰ってくる予定はありませんか?

反射ベルトは薄暗い道で子どもを守ってくれます。反射ベルトの有無を確認しましょう。

安全フック

安全フックとは、ランドセルのサイドに付いていて、巾着などをぶら下げるフックのことです。

左側通行の日本において、このフックが右側に付いていたら車やバイクに引っ掛けられるかもしれないということから、左側にしかフックを付けないようにしているメーカーもあります。

また外力が加わった場合は簡単に外れてしまうフックを採用しているメーカーもあります。

肩ベルトDカン

肩ベルトにDカンは付いているかも確認しましょう。これは、防犯ブザーをぶら下げるためのもので、サイドに付けるよりも万が一の時にブザーが押しやすいのです。

6.メーカー信頼度

メーカーの信頼度は大丈夫ですか?きちんと6年間の無料修理保証が付いていますか?

子どもの安全を守ってくれるランドセルでもあるので、信頼できるメーカーのものを選びましょう。

7.購入場所

ランドセルの購入場所は主に3つあります。

量販店

量販店のメリットは、さまざまなメーカーのランドセルを一度に試せることです。

同じ時に背負ってみないと、背負い心地はなかなか比べにくいので、これが量販店の最大の魅力です。

ランドセル工房

ランドセル工房やショールームでは、そのメーカーに精通しているスタッフから話が聞けるのが魅力です。

メーカーのこだわりやコンセプトなど、量販店では聞けないような話も聞くことができるでしょう。

ネット通販

なかにはWeb限定価格があって、店頭で買うよりも随分とお得な場合があります。

ただし、ネットで買う場合も必ず店舗やショールームで背負ってみることをおすすめします。

失敗しないための選び方”5つのコツ”

一生に一度のランドセル選びを失敗しないために、5つのコツを押さえておきましょう。

  • 品質重視
  • 6年間飽きないデザイン
  • 軽さよりもフィット感
  • 購入者の口コミをチェック
  • 子育てブログも参考になる

1.品質がよく長持ちするものを選ぶ

6年間使うものなので、品質を無視してはいけません。

子どもは大人が思っている以上に活発で元気です。どんな状況でどんな付加がランドセルにかかっているかなんて想像もつかないレベルと考えて良いでしょう。

耐久性がある丈夫なものを選びましょう。

2.飽きのこないデザインが◎

さまざまなデザインや色が選べる時代ですが、成長過程において好みが変わることも想定して選びましょう。

各メーカーの発表によると、やはり飽きのこないシンプルなデザインが支持されているようです。

3.軽さよりもフィット感を重視する

軽いランドセルが良い!という人は多いと思いますが、バランス・重心の位置が悪いと、いくら軽いランドセルでも背負いやすくはありません。

背あてがきちんと背中にフィットしているか?肩ベルトはフィットしているか?一度背負ってみて、必ずチェックしましょう。

4.購入者の口コミを参考にしよう

どんなところが良くて、どんな問題があるのかが口コミからはよくわかります。経験談ほど参考になるものはないので、チェックして損はないですよ。

>>ランドセルの口コミを知りたい人はこちら

5.子育てブログも要チェック!

子育てブログでは、ランドセルを探す過程から記録されていることもあります。展示会はどうだった、どこの量販店へ行ってみた、予約時期やどんな割引があったか、などお得な情報もゲットできるかもしれません。

2018年最新版!人気ランドセル5選

それでは、人気ランドセルを発表しましょう!

  • 手縫いの頑丈といえば萬勇鞄
  • 子どもが喜ぶデザインが豊富なフィットちゃん
  • 100年続く老舗セイバン
  • 横長デザインもあるキッズアミ
  • 雪国生まれのカバンのフジタ

第1位:萬勇鞄

(公式サイトより)

名古屋生まれの萬勇鞄のランドセルは、背あてと肩ベルト部分が手縫いされていて、ほんとうに一つひとつていねいに作られています。

反射テープや、左右の肩ベルトにDカンがついていたりして安全面も抜群なうえ、収納力もあって、毎日の使いやすさを重視して作られています。

  • デザインはシンプルで使い勝手抜群ながら、カラーで楽しめる。(40代/専業主婦/女性)
  • ここの背あてと肩ベルトが一番フィット。重たい荷物を入れても娘が「軽い!」と言ったことが決め手。(40代/会社員/男性)

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

第2位:フィットちゃんランドセル

CMでも有名なフィットちゃんは、機能性はもちろん、子どもが気に入るデザインが必ず見つかるほど、子ども目線なデザインが揃っています。

名前のとおり、背中にぴったりフィットしてランドセルの重さを分散してくれます。

また、公式サイトではアウトレット商品が販売されていて、最大52%という安さがとても魅力的。数は限られていますが、お気に入りが見つかればラッキーですよ。

  • CMの影響か、ずーっとフィットちゃんが欲しいと言っていました。文句なしに気に入るデザインが見つかって娘は大喜び。(40代/パート勤務/女性)
  • 安くて質の良いランドセルを探していフィットちゃんのアウトレットに辿り着きました。(30代/会社員/女性)

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

第3位:セイバン

(公式サイトより)

セイバンといえば、天使のはねが有名ですが、なんと約100年前からあるランドセルの老舗なのです。

「丈夫でしっかり、6年安心」というコンセプトのもと、活発な子どもをしっかり見守る丈夫なランドセルを作っています。

ランドセルの重心を上げて軽く感じる天使のはねは、セイバン独自の技術です。

  • 小柄な娘が、重たいと一度も言ったことがありません!色はパールパープルで、派手なようで、実はそんなに浮かない落ち着いたカラー。親も祖父母も気に入っています。(40代/専業主婦/女性)
  • 子どもが上に乗ったり、背負ったままひっくり返ったりしていますが、1年たっても型崩れなし!ほんとうに丈夫。(40代/専業主婦/女性)

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

第4位:キッズアミ

(公式サイトより)

シンプルなデザインながら、充実した機能性と豊富なカラーで見た目も使い勝手も良いキッズアミ。まさに60年ランドセルを作り続けてきた老舗としか言いようがありません。昔ながらの製法を守りながら、時代に合わせて変化をし続けてきたランドセルです。

横長デザインのランドセルもありますし、マチ部分のファスナーの開閉でマチの広さを変えられるのも魅力です。

  • 作りがとてもしっかりしている。3年使っているがまだまだ丈夫です!(30代/医療事務/女性)
  • かぶせ部分が半分のタイプに惚れ込んで買いました。派手ではないけどほかと差がつくのでお気に入り。(40代/会社員/男性)

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

第5位:カバンのフジタ スペシャリティランドセル

雪国の山形で生ま

(公式サイトより)

れたランドセルだからこその安全性が備わっています。60年もの歴史を持ち、ずっと子どもや親の意見に寄り添って、進化をし続けてきたスペシャリティランドセルです。

キューブ型で大容量、ずっと型崩れしない丈夫さ、そして軽く感じる背負いやすさ。シンプルだけど、6年間安心して使えるランドセルです。

  • 体操服はもちろんプールの用意まで入れられるので、長距離を歩く娘にはほんとうに助かっている。(40代/パート勤務/女性)
  • 上の子で買いましたが、6年間使ってもほんとうに丈夫だったので、下の子にも買いました。(50代/会社員/男性)

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

>>もっとランドセルのランキングを知りたい人はこちら

ランドセルの選び方に関するQ&A

みなさんのランドセル選びについての疑問に答えます。

ランドセル選びは、いつから始めればいいの?

年長さんに進級した新学期頃から始めると良いでしょう。多くのメーカーがその頃に新作を発表します。

ランドセルの購入時期は、いつが適切?

多くのランドセルは春~夏にかけての購入がメジャーです。早割が適用されることも多いです。

工房系ランドセルは数も少なく、すぐ売り切れになるので5月頃までには予約が必要といわれています。

値段重視の場合は、冬~入学直前にかけてのセールを狙うと良いでしょう。ただし、その場合は人気モデルはほぼ手に入らないと考えておいてください。

格安ランドセルと、高級ランドセルの違いは何?

主素材や、撥水加工や耐久性などに違いがあると考えられます。

ただし、一流メーカーのランドセルであっても、品質は悪くないけれど型落ち商品という理由で安く売られている場合もあります。

ランドセルはネット通販で購入しても大丈夫?

メーカーによってはお得なWeb販売価格が設定されている場合があります。10,000円以上安くなることもあるので、ネット通販は要チェックです。

ただし、失敗しないためにも、一度は背負ってみるのがおすすめ。お店やショールームなどに出向いてからネット通販で買うのが一番良いでしょう。

選び方のコツを押さえて購入しよう!

この記事を読み終えたあなたはもうランドセル選びに迷うことはありませんよね!

種類が豊富だから選ぶ楽しみが多いぶん、悩むこともいろいろあると思いますが、子どもにとって一生に一度のランドセル選びだからこそ、選ぶプロセスも一緒に楽しみましょう。おじいちゃん、おばあちゃんにランドセルを買ってもらう場合は、親子3世代にとっての思い出作りにもなります。

たんなる買い物で終わらせるのではなく、素敵な思い出作りにすることで、子どものランドセルへの愛着がより大きくなるはずですよ。