【最新】2018年ランドセル人気TOP3!一番人気の特徴は軽さとフィット感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のランドセルには、やはりそれだけの魅力が詰まっています。人気のメーカーはもちろん、軽くてフィット感がよいもの、デザインがおしゃれなもの、機能性バツグンのもの、それぞれのランキングTOP3を発表します。この記事で人気のランドセルを徹底比較して、ぴったりのものを選んであげてください。子どもが笑顔で小学校へ通えるよう、選ぶときに失敗しないための7つのポイントも教えます。男の子と女の子で異なるので要チェックです。

ランドセル人気商品を徹底リサーチ

たくさん種類があるランドセルのなかから人気ランドセルを教えます!そして、その人気の理由にも迫ってみました。

一生に一度のランドセル選びの失敗しないコツを押さえて、親子大満足で終われるラン活にしましょう!

  • ランドセル選びのポイントは7つ
  • 人気ブランドは萬勇鞄、フィットちゃん、天使のはね
  • 失敗談から学ぶ選び方
  • 男の子は丈夫さや機能性重視
  • 女の子はデザインやフィット感重視

数あるランドセルを選ぶポイント7選

色も形もデザインもほんとうにたくさんの種類がある時代なので、迷ってしまうと思います。でも、これさえ押さえておけば大丈夫です!

  • 背負いやすさと軽さ
  • カラー
  • A4ファイルが入るか
  • 丈夫で6年間保証はあるか
  • 値段

1.軽さ

ランドセルを選ぶ際に、重量を必ずチェックしましょう。とくに小柄な子どもや、学校まで遠いい子どもの場合は、ランドセルが軽いだけで随分と負担が軽減されます。

2.背中にフィットする背負いやすさ

軽さと同じくらい大切なのが背負いやすさです。とにかく軽ければ良いのではなく、ランドセル自体のバランスや重心によって背負いやすさは大きく左右されます。

通販が便利な時代ではありますが、一度は店舗や展示会などに出向いて背負ってみることをおすすめします。子どもひとりひとり体格が異なりますので、しっかり背中にフィットするかどうかを一度見ておきましょう。

3.A4ファイルが入る大きさ

一昔前はA4ファイルが入らないのがふつうでしたが、いまは小学校でもA4ファイルを使う機会が増え、多くのブランドからはA4ファイル対応のランドセルが販売されています。毎日の小さなことですが、入るのと入らないのとでは子どもにとって使いやすさが大きく違います

また、大容量ランドセルというのもあり、体操服などの本来手提げカバンで持って行くような荷物もまとめてランドセルに入るようなサイズもあります。とくに雨の日などは大変便利な機能です。

4.カラー

いまはカラーが豊富なので、ランドセルを選ぶ際に「なに色にするー?」という会話が必ず交わされます。これも時代ですね。昔は赤と黒だけだったので、色を選ぶ楽しみなんてなかったはずです。

せっかくですから、子どもの好きな色を探して楽しみましょう。

展示会やショールームへ出向くことで子どもに似合う色を新たに発見できるかもしれません。

デザイン同様、カラーは非常に重要ポイントなので、それぞれのカラーの持つイメージをよく知ってから選ぶと良いでしょう。

濃い色は傷や汚れが目立ちにくいメリットなども考慮するとなお良しです。

>>もっとランドセルの色について知りたい人はこちら

5.安全性やメーカー

ランドセルの安全性も考慮しましょう。転倒した際のクッション性や、冬になると日暮れ時間が早くなり、クラブ活動や学童などで薄暗い道を帰ってくるかもしれない場合は、ランドセルに反射板が付いているかもしっかりチェックしてください。

また、巾着などをかけるフックも車やバイクにひっかけられないよう左側にしか付けないよう配慮されているランドセルもあります。

信頼できるメーカーかどうかをしっかり見極めましょう。それぞれどんな信念でランドセルを作っているか公式サイトなどで調べてみると良いですよ。

6.使い続けられる丈夫さ

ランドセルは6年間使うものなので、作りが丈夫かも重要ポイントです。

元気な子どもが毎日使うので、ランドセルを雑にグランドに放り投げて遊び出すこともあるでしょう。雨の日には、傘をさしているはずなのに友だちとずぶ濡れになって帰ってくることもあるでしょう。子どもが目いっぱい毎日を楽しむのにしっかり付き合ってくれる丈夫なランドセルかどうか?しっかり見極めてください。

また、6年間無料修理保証を行っているメーカーも多くあります。いつ、どんな時にランドセルが壊れるかわかりませんし、修理するとなると結構な金額になります。安心して使い続けるためにも、保証内容をしっかり確認しましょう。

7.値段

予算はだいたい決めていることと思いますが、高けりゃ良い、安けりゃ悪い、というわけでもありません。

なかには、デザインが旧型なだけで、質は新作商品とまったく同じで随分と安く販売されているアウトレット商品もあります。早割やWEB割などを賢く利用して、良いランドセルを安く買いましょう。

>>もっとランドセルの値段について知りたい人はこちら

>>もっとランドセルの選び方について知りたい人はこちら

【注目】人気ランドセルメーカーTOP3

人気があるランドセルメーカーのTOP3を紹介します。

  • 萬勇鞄
  • フィットちゃんランドセル
  • セイバンランドセル

【1位】萬勇鞄

(公式サイトより)

名古屋で生まれた手縫いの手作りランドセルメーカーです。子どもにとっても、親にとっても6年間頼りになる存在であれるというのがコンセプトとなって作られています。

デザインはシンプルですが、肩ベルトには防犯ブザーが付けられるDカンを左右に、前ポケットのファスナーを開けると中には鍵用のナスカンが、そして反射テープも取り付けられています。

できる限りの防犯が、萬勇鞄のランドセルには詰まっています。

また、カラー展開も豊富です。各色種類が豊富で、ブラウンに関しては13種類もあります。きっと子どもも親も気に入るカラーが見つかるでしょう。

>>公式サイトはこちら

>>萬勇鞄をもっと知りたい人はこちら

【2位】フィットちゃんランドセル

(公式サイトより)

ランドセルメーカーとして超有名な「フィットちゃん」。子どもが喜びそうな刺繍やデザイン、カラー展開が豊富でその数なんと137種類!必ず理想のランドセルが見つかるといっても過言ではないでしょう。

また価格帯も幅広く、安いものだと40,000円前後からあるのも魅力的です。

公式サイトではWEB限定価格でお得に購入できるので要チェックです。

豊富な種類があって迷ってしまいますが、それぞれどんな特徴があるのかを見て、子どもにぴったりのランドセルを見つけてください。

>>公式サイトはこちら

>>フィットちゃんランドセルをもっと知りたい人はこちら

【3位】セイバン ランドセル

(公式サイトより)

フィットちゃん同様、知名度の高いセイバン。「ランドセル~は~♪天使のはね~♪」というCMソングを歌える人も多いでしょう。

日本製にこだわり、成長し続ける子どもの6年間に寄り添うランドセルが作られています。

またセイバンの公式サイトでは、去年モデルのランドセルなどがアウトレット商品として大変お得に販売されています。アウトレット商品の最大割引率は52%オフとたいへん安くなっていますので、とくにデザインにこだわらず、機能重視という人はチェックしてみましょう。

>>公式サイトはこちら

>>まだまだランドセルブランドについて知りたい人はこちら

【軽い!フィット感】人気TOP3

毎日の登下校の負担を減らすため、ランドセルは軽さを重視して選ぶ人が多くいます。軽いことはもちろん重要ですが、軽さと同じくらい背中のフィット感も大切です。そんな2つの条件を満たすランドセルTOP3を教えます。

  • フィットちゃんランドセル「フィットちゃん」
  • セイバン「天使のはね」
  • ふわりぃ

【1位】フィットちゃんランドセル「フィットちゃん」

(公式サイトより)

一番軽いものだと約1,090gと、ふつうのランドセルに比べてかなり軽いです。

軽くても機能性は抜群で、もちろんA4ファイルが入るサイズで使いやすさも抜群です。

また、背負いやすさの秘密はフィットちゃんの背カンにあります。肩ベルトは左右別々に動くので、6年間ずっと成長に合わせて背中にフィットしてくれます。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【2位】セイバン「天使のはね」

(公式サイトより)

天使のはねと聞くと、天使のはねのように軽いランドセルを想像すると思います。実際に両肩ベルトの付け根に白い羽のような形をした樹脂素材が入っていて、それが「天使のはね」なのです。

天使のはねを入れることで肩ベルトがぐっと持ち上がるので、背中にぴったりフィットします。

また、天使のはねのランドセルは、重心を上に持ってくることで軽い背負い心地を実現しています。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【3位】ふわりぃ

(公式サイトより)

ふんわりとした優しい背負い心地のランドセルのふわりぃは、肩ひもにその秘密があります。

両サイドの肩ひもにはやわらかいクッションが入っているので、肩への負担が分散されて軽い背負い心地です。

また、背中まわりの「せり」を取り除くことで、容量はそのままなのにコンパクトになり、そのぶん重量も軽くなっています。

一番軽いランドセルは約890gと、驚きの軽さとなっています。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【デザイン】見た目重視!人気TOP3

見た目重視派の子どもにおすすめのデザイン性の高いランドセルを紹介しましょう。

  • シンプルだけどかわいい・カッコいいセイバンの「モデル・ロイヤルベーシック」
  • ラブリーな女の子にはフィットちゃんの「あい・愛ティアラ」
  • 優しい色味が魅力的な萬勇鞄の「ラッフル」

【1位】セイバン「モデル・ロイヤル ベーシック」

(公式サイトより)

シンプルでオシャレなランドセルというワガママな希望を叶えてくれるのがセイバンのモデル・ロイヤルベーシックです。

タキシードをイメージして作られた男の子用はクールでカッコいいイメージです。ランドセルを開けると刺繍が施されていたり、タキシードパンツをイメージしたステッチ、カフスボタンをイメージした飾り鋲など、細部までこだわりが詰まっています。

女の子用は花の刺繍が施され、スワロフスキークリスタルが飾りに使われるなど、全体がきらびやかな仕上がりになっているので、オシャレな女の子も満足してくれるはずです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【2位】フィットちゃんランドセル「あい・愛ティアラ」

(公式サイトより)

ティアラとハートがかわいいフィットちゃんのあい・愛ティアラは、とってもラブリー。ランドセルの内装までハートが散りばめられ、かわいいのが大好きな女子におすすめです。

内部の前ポケットのファスナーチャームもハート型、前ポケットもハート型にくりぬかれ、背あてにまでハートが施されるなど、細部まで手抜きは一切感じられません。

色展開も豊富なので、お気に入りカラーがきっと見つかるでしょう。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【3位】萬勇鞄「ラッフル」

(公式サイトより)

ラベンダーをテーマカラーとして優しい雰囲気を醸し出す萬勇鞄のラッフル。

ワインルビーダークブラウンラベンダーという、ほかブランドにはなかなかない、こだわりのカラー展開も魅力です。

内装にもラベンダー色が使われていて、本体がラベンダーのものはピンクとなっていて、内側まで優しさで溢れています。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【機能性】使いやすい人気TOP3

デザインよりも機能性を重視する人にはこんなランドセルが人気です。

  • 2018年度の新商品!萬勇鞄「ファルベ」
  • 萬勇鞄「ラッフル」のテーマカラーはラベンダー
  • 独自の機能性が詰まったセイバン「天使のはね」

【1位】萬勇鞄「ファルベ」

(公式サイトより)

一見ふつうのランドセルですが、実は個性が詰まったランドセル。男の子用ランドセルで、2018年度の新商品です。内装に背あて、肩ベルトの裏といったさりげない部分に鮮やかなパステルカラーが使われています。

素材は人工皮革で、雨にも強いので、雨の日も元気に動き回る男の子にはぴったりです。A4ファイル対応でたっぷりの収納力があるため、荷物が増える高学年も安心です。また、ロッカーからの出し入れがしやすいように持ち手にもこだわっています。

表面に印象強めなカラーが使われていると6年間飽きずに使えるかな?という不安がよぎると思いますが、ファルベならそんな心配はなさそうです。

ベーシックな色×大好きな色のコンビネーションで、6年間お気に入りの存在でいてくれるはずです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【2位】萬勇鞄「ラッフル」

(公式サイトより)

2018年新発売の女の子用ランドセルです。本体カラーは、ワイン、ルビー、ダークブラウン、ラベンダーといった優しい雰囲気を醸し出すちょっと珍しいラインナップです。

A4サイズ対応の収納力、リコーダーケース、閉め忘れ防止のワンタッチロック、といった細かい機能性も充実しています。

デザインはいたってシンプルで無駄のない設計。雰囲気でふんわりとした優しさを最大限表現しているランドセルです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

【3位】セイバン「天使のはね」

(公式サイトより)

軽い背負い心地で機能性も高い「天使のはね」は、セイバン独自の機能性を最大限に詰め込んだハイスペックランドセルと言われています。

大き目の持ち手ハンドルワンタッチオートロックなどの子どもの毎日の使いやすさに着目した充実の機能性、そして肩にフィットする3D肩ベルト背あてには低反発・高反発素材を使った2層構造なので背中にフィットする面積が広く、重さが分散されより軽い背負い心地を実現し、6年間使いやすさを実感できるランドセルです。

>>詳細ページはこちら

>>公式サイトはこちら

残念!ランドセル購入時の失敗談

ランドセル選びは先輩の経験談がとても参考になります。

  • 娘の強い希望で薄い水色にしたけど、傷が目立って2年くらいでボロボロに…。すっごく後悔た。(40代/主婦/女性)
  • 刺繍とデザイン重視で選んだものの、高学年になると好みも流行りも変わってて、このランドセル嫌だ…と言いだす始末。(50代/会社員/男性)
  • 豊富なカラーに喜んでちょっと変わった色を選んだけれど、1年ちょっとで飽きてた。(30代/パート/女性)
  • 安さに飛びついて買ったランドセル。背ベルトが壊れ、保証もないので修理で結局高くついた。(30代/主婦/女性)
  • どうせ飽きるだろうとベーシックなデザインのものにしたら、友だちの凝ったデザインランドセルを羨ましがってて可哀想なことしたなと。(30代/会社員/男性)

ランドセルを選ぶのは幼稚園の年長さんの時です。

その時に小学校を卒業する時のことを想像するのはなかなか難しいものでもありますが、子どもの意見を尊重しつつ、6年間使い心地の良いランドセルを選ぶよう導いてあげることが大切です。

傷や汚れがひどくなると持つのが嫌になってしまう可能性もあるので「薄いカラーより濃いカラーのほうが傷や汚れが目立たないんだって!」などとアドバイスしてあげて、一緒に選ぶと良いでしょう。

男の子・女の子!選ぶポイントは違う

普段の行動が異なるのでランドセルを選ぶポイントも異なります。

  • 男の子は丈夫さが最重要
  • 女の子はデザイン性重視
  • 毎日ノンストレスで使えることは男女重要

男の子

どちらかというとデザインよりも使いやすさや背負い心地、そして丈夫かどうか?を重視する傾向にあります。

女の子に比べるとはるかに活発な動きをする男の子は、ランドセルを放り投げて遊びに行ってしまうといった光景も珍しくありません。雨の日に濡れた道路にランドセルを置いて遊びに夢中になっている姿も、男の子ならあり得ます。

そんなやんちゃな男の子にも、しっかり6年間付き合ってくれる丈夫さは重要ポイントです。

また、オートロックやロッカーからの出し入れを配慮した持ちやすい持ち手など、毎日の些細なところで違いがでてくるこだわりも大切にしてあげましょう。

>>もっと知りたい人はこちら

女の子

オシャレに興味がある子が多く、デザイン性が重要視されます。それぞれの個性に合わせた、最高のお気に入りを見つけましょう。

また、体が小さ目の女の子やお家から学校までの道のりが遠くても、快適に背負えるフィット感も重視してあげましょう。

そして、何と言っても重たい荷物を入れて毎日使い続けても型崩れしない丈夫さも兼ね備えたランドセルであることが大切です。

>>もっと知りたい人はこちら

買う前にチェックする4つの注意点

失敗しないランドセル選びのために、4つのポイントを押さえておきましょう。

  • 人気ブランド、人気モデルは早めに予約
  • A4ファイル対応
  • 6年間無料保証がある
  • 学校のロッカーのサイズ

人気商品は売切れ前に早期予約

ランドセルを探す「ラン活」は年々早まっているといわれています。なかには夏には売り切れてしまうような人気ブランドもあります。

こんなランドセルが欲しい!というこだわりを妥協する羽目にならないよう、なるべく早いうちに予約しておきましょう。

ブランドによって異なりますが、早いところは春には展示会が始まりますよ!

A4フラットファイルが入るか

学校によってはA4サイズのフラットファイルが入るランドセルを、という指定がある場合もあります。最近では多くのランドセルがA4ファイルに対応していますが、購入前には確認しておくと良いでしょう。

6年保証の有無

意外と確認し忘れるのがこちら。ランドセルなんて丈夫でしょ?6年間壊れないのがふつうでしょ?と思いがちですが、子どもはいつどんな時に壊してくるかわかりません。

修理や買い替えは非常に高くついてしまうので、少し高くても6年間の無料修理保証が付いているランドセルがおすすめです。

学校のロッカーサイズ

オーソドックスなランドセルサイズに対応しているロッカーがほとんどかと思いますが、学校によって異なります。学校や先輩ママに聞くなどして事前に確認しておくほうが安心です。

とくに横長タイプのランドセルなどを購入する場合は、必ずロッカーに入るかどうかを確認しておきましょう。

持ち歩きたい!自分人気NO.1を選ぶ

ランドセルを持つのは子どもです。子どものワクワク、ウキウキ、そして好き!がたくさん詰まったランドセルで、希望に満ち溢れた子どもを小学校へ送り出してやりましょう。

使い勝手は子どもには想像しにくい場合もあるかと思いますので、その点は大いにアドバイスをしてあげると良いです。

そしてデザインや色が豊富な現代だからこそ、自分の希望No.1のランドセルを選んで小学校入学を迎えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*